ハウススタジオの現場

アトリエミカミ・代表 三上 昇が、
実際のハウススタジオの仕事をご紹介。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ハウススタジオの仕事
  4. 撮影スタッフが喜ぶロケ弁・浅草今半
撮影スタッフ喜ぶロケ弁

撮影スタッフが喜ぶロケ弁・浅草今半

アトリエミカミのスタジオでも、たまに差し入れでごちそうになります。
美味しさに顔がにやけます。

撮影スタッフ喜ぶロケ弁

撮影スタッフ喜ぶロケ弁
浅草今半

動物プロのお仕事でテレビ局に行った時もごちそうになったり、動物評論家で出演の時も今半のお弁当が出るときがあります。
撮影スタッフの皆さん大喜びしてます。

撮影スタッフ喜ぶロケ弁

撮影スタッフ喜ぶロケ弁
浅草今半

裏方のスタッフも出演者も喜んでると思います。
外ロケで出る時は、ドラマ撮影の初日が多いです、クランクアップの時て言うんですかねー^¥^笑

撮影スタッフ喜ぶロケ弁

撮影スタッフ喜ぶロケ弁
浅草今半

いつも制作部の方から今日は今半のお弁当ですてにやにやして持ってきてくれる時が多いので皆さん喜んでると思います。

昭和でレトロなアパートスタジオ外観

昭和のアパートスタジオ外観

昭和のアパートスタジオ外観

アトリエミカミの昭和でレトロなアパートスタジオでも今半のお弁当がごちそうになれるように頑張ります。
東京都心から車で50分圏内、電車で秋葉原駅から北水海道駅まで53分、北水海道駅から徒歩4分、意外と近い常総市水海道のハウススタジオ、駐車場も完備、公園まで徒歩1分、ビバホームまで徒歩2分、24時間のウエルシアまで徒歩2分、コンビニまで徒歩3分、スーパーまで徒歩2分、快適な撮影環境です。
ハウススタジオ業界初の試み、セット観たいに壁が外れるパネル壁があるのはアトリエミカミのスタジオだけです。
撮影よろしくお願いします。

関連記事