ハウススタジオの現場

アトリエミカミ・代表 三上 昇が、
実際のハウススタジオの仕事をご紹介。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 東京近郊のアパートスタジオ
  4. 撮影専用に改造して昭和でレトロなアパートスタジオ人気上昇
アトリエミカミのハウススタジオ・昭和でレトロなアパートスタジオ・北側外観

撮影専用に改造して昭和でレトロなアパートスタジオ人気上昇

おはようございます

アトリエミカミのハウススタジオ・昨日昭和でレトロなアパートスタジオにメインロケハンが入りました。

昨年の5月から撮影専用アパートスタジオとしてオープンしたんです。

去年の2月の終わりごろからアトリエミカミのハウススタジオとしての運営することが決まり、撮影専用の電気配線になおし、大容量の電気使うことができるように改造したり、全室撮影できるように、前から住んでいた住民と話し合い全室退去してもらい、各部屋と部屋の壁をパネル壁に改造して取り外しができるようにしたので、狭いアパートの部屋をセットを建てたように撮影できるように改造したり、押し入れの奥の壁もパネル壁に改造したので、押し入れの反対側からでも撮影できるようにしたり、いろんな壁をパネル壁にしたので取り外して、照明し込んだり、カメラで狙えるように大改造して撮影専用のスタジオに作り変えたり、撮影スタジオはたくさんの撮影スタッフが入るので安全面で補強もしてます。

撮影専門のアパートスタジオにしたはずだったんですが、まだまだ告知ができてなく、撮影にあまり使ってもらえない状態が続いたんですが、ここの所問い合わせが急増してきてます。

全室住民が住んでないアパートスタジオは少ないそうです、住民が住んでいると挨拶回りしないといけないとか、夜勤明けの方がアパートで寝ていられないとクレームが来て撮影中止になったりすることもあるので、全室空でないと撮影に貸せないと思い、交渉して退去してもらったのです。

電気の容量も大幅に上げたのも、発電機を使わなくてもいいようになんです、発電機使うと音がうるさいので近隣住民に迷惑をかけてしまうので、撮影所として営業できなくなってしまうからなんです。

アパートのハウススタジオとして撮影専用に改造しているのもアトリエミカミのアパートスタジオだけなんです。

今まで撮影専用に改造してきた苦労がわかってもらえるようになってきてます、ロケハンに来る方々は不動産物件の撮影場所ではできない撮影ができる、他のアパートスタジオと比較され撮影しやすさが違うとやっと言ってもらえるようになりました。

もっともっと気が付いた所を改造して撮影しやすいスタジオに進化していくつもりです。

今日はいろいろ撮影できる学校スタジオのプールのロケハンが入ってますのでプールのロケハン頑張ります、どんどんアトリエミカミのハウススタジオ撮影で使ってください。

 

アトリエミカミのハウススタジオ・昭和でレトロなアパートスタジオ・北側外観

アトリエミカミのハウススタジオ・昭和でレトロなアパートスタジオ・北側外観

アトリエミカミのハウススタジオ・昭和でレトロなアパートスタジオ・北側外観

アトリエミカミのハウススタジオ・昭和でレトロなアパートスタジオ・北側外観

関連記事

アトリエミカミの仕事