撮影実績

アトリエミカミのハウススタジオで
撮影された実績をご紹介します。

  1. HOME
  2. 撮影実績
  3. 【auスマートパスプレミアム】マルチアングルドラマ「小夏の放送室〜先生との恋、卒業〜」予告編

学校スタジオ
「小夏の放送室〜先生との恋、卒業〜」

【auスマートパスプレミアム】マルチアングルドラマ「小夏の放送室〜先生との恋、卒業〜」予告編

学校スタジオ
学校スタジオの教室、放送室で撮影されました。
放送室の設備は備え付けの機材を使用しています。
https://natalie.mu/eiga/pp/konatsu

4種のアングルを自由に切り替えながら視聴できるマルチアングルドラマがauスマートパスプレミアムで3月31日10時に配信開始となる。本作は映画「ちはやふる」シリーズで知られる制作会社ROBOTの企画・脚本により制作されたショートドラマ。第2弾「小夏の放送室〜先生との恋、卒業〜」は、放送室からの暴露アナウンスが校内全体を巻き込む騒動に発展する“同時多発型シュラバコメディ”だ。

本特集では、生徒役で出演した吉田凜音、小向なる、北村優衣、吉川ひより、石川雷蔵にマルチアングルならではの見どころを聞いた。

4つの場面から好きなアングルを選んで視聴!
撮影現場にて、吉田凜音。
倉木(田村健太郎)と彼の妻(橋本マナミ)が映るスマートフォン画面。
撮影現場にて、吉川ひより。
記念撮影する吉田凜音(左)と田村健太郎(右)。
放送室、教室、職員室、そして……
卒業式当日、小夏の“暴露放送”をきっかけに校内に衝撃が走る。担任教師・倉木と彼を取り巻く“恋人たち”の修羅場が放送室、教室、職員室で勃発! さらにマルチアングルならではの演出として、浮気の証拠となるメッセージのやり取りや、修羅場を生配信するスマートフォン画面もじっくり見ることができ、ハラハラドキドキの臨場感をよりいっそう体感できる。

撮影現場にて、吉田凜音。
撮影現場にて、北村優衣。
撮影現場にて、左から小向なる、髙橋真帆。
撮影現場にて、石川雷蔵。
「ちはやふる」シリーズのROBOTが企画・脚本
企画・脚本を担当した“モノガタリラボ”とは、「ちはやふる」シリーズなどで知られる映画監督・小泉徳宏が主宰する制作会社ROBOTのシナリオチーム。映画監督、舞台演出家、CMプランナー、プロデューサーなど、多彩なバックボーンを持つ14名の脚本作家が所属している。本作では4つのシチュエーションで異なる人物たちがドラマを繰り広げ、最後はすべて1つにつながるドンデン返しが待ち受ける……!